2016年01月28日

私が看護師さんについて思う事

私は子どもの頃病弱で、何か月も入院生活を送っていました。
両親は仕事で忙しく、面会に来るのはいつも夜遅くなってから。
土日もほとんど来ることはありませんでした。
そんな生活でしたが、看護師の方が一緒に遊んでくれたり構ってくれたので寂しいと思ったことは一度もありません。
広い病院での中の小さなベッドの上で、私の身の回りのことを一生懸命してくれるお姉さんたちの事を私は一生忘れません。
人にやさしく出来るって素敵ですよね。
子どもの頃はそんな看護師さんに憧れて、絶対にやさしい看護師になるんだ!なんて思っていたのを覚えています。
でも、時が経つにつれ、看護師という仕事がとても責任が重く、人の命と向き合う大変な職業という事が分かってきました。
身体が弱く、気の弱い私には到底勤まらない、とても重圧のある仕事だと気付いたんです。
そんな辛い仕事をしていたのに、いつも優しく笑顔で献身的な看護師さんたちの事を私は尊敬します。
今でも病気がちで入院する事はなくなりましたが、通院は欠かせません。
私は病院内で出会った看護師さんに、いつもありがとうございますと感謝の気持ちを伝えるように心がけています。
もし、自分に将来子どもが出来たようなときには、小さい頃夢見ていた優しい看護師のように、子どもに愛情を持って接しようと思いました。
posted by 看護師 at 00:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。